クラウド会計ソフトの導入について


渡辺伸税理士事務所は、クラウド会計ソフトfreeeの5つ星税理士事務所に認定されています

freee認定アドバイザーが常駐していますので、安心してお問合せください!

会計freeeの特徴



旧来の会計ソフトの大半はソフトウェアを購入したうえで、PCにインストールして利用するのが一般的でした。これに対して、会計freeeはクラウド型の会計ソフトなので、ソフトウェアは購入不要、利用料を支払うことでWeb上から利用できるものです。

 

昨今の在宅勤務型の働き方改革の影響もあり、今後はますますクラウド会計ソフトの需要が増えることが予想されています。

会計freeeは、日々刷新を行い機能を充実させています。導入することで以下のメリットがあります。

 

  • 端末や場所を選ばずにいつでも会計情報にアクセス可能になる
  • 複数の人が同じデータを同時に確認することができる
  • 入力の自動化機能などにより業務の効率化が期待できる
  • 法改正、制度改正にも自動的に対応できる
  • 対応範囲が広い(仕訳などの会計処理・債権債務管理・経費精算・請求書・財務分析など広範囲をカバー)
  • 経営の見える化がボタンひとつでできる(グラフ化、項目毎の数値算出など)
  • 素人でも操作性がよく、シンプルで直感的に操作できる
  • 利用料が安いプランを選んでも機能が充実している

 

 

人事労務freeeとの連携でより効率的に



企業にとって保険料や所得税の計算、年末調整などの人事労務作業はかなりの負荷です。人件費も含めてできればコストカットしたいところ。こんな経営者はぜひ人事労務freeeを使ってみてほしいです。

 

従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化できるなど多くの効率化が期待できます。人事労務freeeでできる主なことは次のとおりです。

  • 給与計算
  • 給与明細自動作成(ペーパーレス化)
  • 勤怠管理
  • 年末調整(ペーパーレス化)
  • 従業員管理(入退社、扶養家族、役所、住所などの情報まとめ)
  • 有給休暇管理
  • 毎年の給与事務(暫定基礎届、労働保険の年度更新、住民税の更新の書類作成)
  • 法定三帳簿(賃金台帳・出勤簿・労働者名簿は自動で作成)
  • マイナンバー管理(法律準拠、クラウド上で厳重管理)
  • 打刻(Web・モバイルアプリ打刻に対応、フレックス/裁量労働制などの勤怠も可)
  • 勤怠の申請(休暇・各種勤怠・月次勤怠確定)自動チェック機能搭載

クラウド会計は最初の導入設定が大事です!



ときどき「クラウド会計ソフトを導入したが経理が楽になったようには思えない」というお客様が相談にみえます。

とりあえずの自動登録をしているだけで、ソフトを使いこなせていないケース、そもそも機能がわかっていないケース、自社の事業と関連のない設定をしているなどがございました。

 

経理を効率的に楽にし、経営に役立つ数字を引き出すためには最初の設定が肝心です!

当事務所では、専門のfreee認定アドバイザーが、お客様の経営スタイルに合わせてカスタマイズして導入支援を行います。

ぜひご相談ください。